商標登録

商標とは

商標とは、商品名や会社名、ブランド名やマスコットなどのことをいいます。需要者は、商品を購入したり、サービスの提供を受ける際に、「この商品の提供者は誰か?」「このサービスの提供者は誰か?」を識別するために商標を目印とします。つまり商標は、自社の商品等と他社の商品等とを区別するための識別標識なのです。商標には、文字、図形、記号といった平面的なもののほか、商品の形状、店舗に設置される立体的な看板など、立体的形状からなるものとがあります。

また平成27年からは、新しい商標 として「音」「色」「動き」「ホログラム」「位置」が保護対象に加わります。既に諸外国では権利取得が認められた商標について、デジタル技術の発達により、商品販売の戦略の多様化に伴い、日本国内においても保護ニーズが高まり、登録が認められるようになりました。これにより、マドリッド協定議定書に基づいた国際出願についても、これら「新しい商標」について複数国へ一括出願ができるようになりました。


詳細はこちら

なぜ商標を登録するのか?

商標は、登録により、その商標権者が登録商標を独占的に使用できます。また他人がその登録商標やそれに似た商標を使用した場合、使用の差止めや損害賠償請求をすることができます。逆に言えば、あなたが使用しようと考えていた商標を、他人が先に登録してしまえば、その商標が使えなくなってしまい、損害賠償請求をされる可能性もあるということです。

詳細はこちら

商標登録の要件とは?

商標を登録するには、自己の業務に係る商品等に使用する商標であること、その商標に特別顕著性があることが必要です。商品「りんご」に商標「りんご」といった普通名称や、役務(サービス)「宿泊施設の提供」に商標「観光ホテル」といった慣用名称などは登録できません。

詳細はこちら

不使用取消審判とは?

登録したからといって安心していては駄目です。登録してから継続して3年間、日本国内において使用していない場合は、不使用取消審判で登録が取り消されてしまう場合もあります。取り消しを免れるためには、商標の使用をしているという証拠を提出する必要があります。審判請求されている商品・役務のうち、一つでも証明できた場合には、取り消しを免れ得ることができます。

詳細はこちら